ソウル裏の歩き方

普通の海外旅行ガイドブックに『裏の歩き方』をちょい足し・・・

RSS     Archives
 

バンコク裏の歩き方 2017-18年度版(彩図社)

 
『バンコク裏の歩き方 2017-2018年度版』
2017年4月26日発売 (彩図社) 1500円

バンコク裏の歩き方2017-18年度版

<Amazon内容紹介より> click!
市販のガイドブックが避けて通るような〝裏事情〟〝裏情報〟ばかりをあえて扱い、タイ・マニアの間で好評を博した『バンコク 裏の歩き方』から早6年…。大きく変貌を遂げたこの街の真の姿を伝えるために、皿井タレーと高田胤臣がふたたびタッグを結成。バンコクの裏街道をひた走り、体当たり取材を敢行した。ゴーゴーバーやカラオケ、エロマッサージなど、激変するバンコクの夜遊び情報はもちろんのこと、異形の動物が待ち構える変態博物館などのディープなB級スポット情報、通もうなる激ウマバンコクメシ、そして危険なアングラ情報まで…。インターネットと連動した詳しいマップも収録! 本書を読めば、バンコクのすべてがわかる、タイ・マニア必読の一冊!

「まえがき抜粋」
 2011年3月に出版され、一部マニアの間でコソコソ読まれ続けた『バンコク裏の歩き方』。この偏った内容のB級旅行ガイドが思いのほか好評だったことに気を良くした我々は、2017年、ついに続編を作ってしまいました。コンテンツは部分的なリニューアルではなく、最初から最後まで、全ページ新しい原稿と差し替えたので、旧版を読んでくれた方にも楽しんでもらえると思います。
 第1章「ハッスル・ナイトライフ」では、変化し続けるバンコクのナイトシーンを、元「Gダイ」ライター髙田胤臣が熱くレポート。数年がかりで蓄積したどす黒い情報を、ここぞとばかりに惜しみなく放出。
 第2章「バンコク・マニアックツアー」では、最後の秘境ヤワラーとニューチャイナタウン、恐怖のトワイライトゾーン等々、著者ふたりが読者のことなどそっちのけで、ひたすら己の趣味の世界を追求。
 第3章「バンコク・アンダーグラウンド」では、バンコクのユニークすぎるヒトやスポットを深掘りし、本能の赴くまま活字化しました。知らなくてもいいタイの裏事情あれこれをとことん追っかけた特殊記事の詰め合わせとなっています。
 第4章「旅のお役立ち情報」と第5章「バンコクの食あれこれ」では、まるで改心したかのように、これからバンコクに旅行する方のための実用情報を紹介し……。


プロフィール

皿井タレー(皿井垂)

Author:皿井タレー(皿井垂)
2017年5月『トラウマ日曜洋画劇場』文庫版で新登場

1996年末から暮らし始めたタイでの日々は、『バンコクジャパニーズ列伝』『バンコクで外こもり!』などの著書や『バンコク裏の歩き方』『さわやかタイ読本』『もっと好きになっちゃったバンコク』などの共著書で


最新記事

最新コメント

最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR