ソウル裏の歩き方

普通の海外旅行ガイドブックに『裏の歩き方』をちょい足し・・・

RSS     Archives
 

カルメギサル(豚の横隔膜)とタッカルビの定番チェーン@鐘閣駅

 
ユガネタッカルビ

なにを食べるか決まっていないけど、とりあえず晩メシ食いに出かけようという時、地下鉄1号線・鐘閣駅Jonggakあたりで下車するのがお約束になってます。4番出口を出た南側路地には、飲食店が山ほど並んでいて、韓国のめぼしいチェーン店もひととおりそろっているので便利。

ユガネ タッカルビ ポックンパッ2013写真

ソウルの繁華街に星の数ほど出店している「ユガネ タッカルビ」。10000ウォンほどあれば腹いっぱいになるので、吉野家感覚でぶらりと寄れます。店員さんがコチュジャンよけの筒型カバーを鉄板にかぶせ、締めのポックンパッ(炒めご飯)をつくってくれますが、タッカルビ頼まずにこのチャーハンだけ食べてる人もいます。一人で堂々と来ている若い女の子も……。

ソレカルメギサルブソッコギ鐘閣店

こちらも大人気のカジュアルチェーン「ソレ カルメギサル ブソッコギ」。客が日本人と中国人だらけになってしまった新村の立ち食いドラム缶焼肉「ソソモンヌンカルビチッ ヨンナムシクタン」は以前より肉質が落ちたので、安い肉というと、最近はもっぱらココです。カルメギサル(豚の横隔膜)は、思いのほかジューシーで、玉ねぎを混ぜたタレで食べるといくらでもいけそう。表の看板にでかでかと600グラム15000ウォンと書いてあるのもいい感じ。

カルメギサルとは豚の横隔膜
プロフィール

皿井タレー(皿井垂)

Author:皿井タレー(皿井垂)
2017年5月 文庫版『トラウマ日曜洋画劇場』発売予定!

1996年末から暮らし始めたタイでの日々は、『バンコクジャパニーズ列伝』『バンコクで外こもり!』などの著書や『バンコク裏の歩き方』『さわやかタイ読本』『もっと好きになっちゃったバンコク』などの共著書で


最新記事

最新コメント

最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR