ソウル裏の歩き方

普通の海外旅行ガイドブックに『裏の歩き方』をちょい足し・・・

RSS     Archives
 

ソウルの地下鉄とバス(2013年日本語表示と英語アナウンス事情)

 
数年前、ソウルの拷問博物館から、特に残酷な日帝軍人の人形が撤去されましたが、その頃から、ソウルの地下鉄など公共交通機関の車内アナウンスに、日本語がちらほら混じるようになってきました。全路線・全駅というわけではありませんが、韓国語、英語に続いて、中国語や日本語のアナウンスが添えられることもあります。

以前は、市バスやエアポートバスでも、"This stop is XXX. The next stop is XXX"という次の次の停留所まで告げる独特の英語アナウンスのせいで混乱したものですが、2013年現在、"the next"の部分はカットされ、韓国初心者の外国人にもわかりやすくなっています。市バスの場合、フロントガラスのところにある小さな電光掲示板に、次に止まるバス停の名前がハングルと英語で出るようになりましたから、あとは見やすい路線図さえあれば、観光客にも便利になるかも。


ソウル地下鉄切符自動販売機

4、5年前には不完全だった地下鉄の切符自動販売機も、行き先の駅名選択は英語になりますが、基本的に日本語表示ありです(T-MONEYカードのチャージやデポジット払い戻しの機械は韓国語と英語のみ)。

ソウル地下鉄2013自転車で乗車

数はまだまだ少ないものの、ヨーロッパの町みたいに自転車を地下鉄に持ち込む人も増えてきています。
プロフィール

皿井タレー(皿井垂)

Author:皿井タレー(皿井垂)
2017年5月『トラウマ日曜洋画劇場』文庫版で新登場

1996年末から暮らし始めたタイでの日々は、『バンコクジャパニーズ列伝』『バンコクで外こもり!』などの著書や『バンコク裏の歩き方』『さわやかタイ読本』『もっと好きになっちゃったバンコク』などの共著書で


最新記事

最新コメント

最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR