ソウル裏の歩き方

普通の海外旅行ガイドブックに『裏の歩き方』をちょい足し・・・

RSS     Archives
 

ソウルのデパ地下行列店のシュネバーレンが屋台では1000ウォン引き

 
江南の高速バスターミナル

江南の高速バスターミナルに行ったついでに、すぐ隣の新世界デパートの地下食品街をのぞくと、江南マダムの行列ができている店がありました。

がんこおやじの握りこぶしみたいなドイツの揚げ菓子シュネバーレン(シュニバルレン)の店です。なんでこんな原始的な味のお菓子が急にブームになったのか、韓国の甘党もワケわかりません。これ、デパートでは1個3500ウォンですが、明洞の屋台のぱちものなら3000ウォンほど。


新世界デパート地下のシュニバルレンが明洞などでは屋台売り

東大門から東廟のほうに延びる道に出ていた写真の屋台では、1個2500ウォンでした。手前に置いてある木のハンマーで叩き割って食べます。タイのセパタクローのボールをチョコやシナモンや粉糖でコーティングしたみたいな雰囲気。
プロフィール

皿井タレー(皿井垂)

Author:皿井タレー(皿井垂)
2017年5月 文庫版『トラウマ日曜洋画劇場』発売予定!

1996年末から暮らし始めたタイでの日々は、『バンコクジャパニーズ列伝』『バンコクで外こもり!』などの著書や『バンコク裏の歩き方』『さわやかタイ読本』『もっと好きになっちゃったバンコク』などの共著書で


最新記事

最新コメント

最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR