ソウル裏の歩き方

普通のガイドブックにちょい足し… 韓国旅行に 『ソウル裏の歩き方』(彩図社1500円) をどうぞ

RSS     Archives
 

ソウル 裏の歩き方 (彩図社)

 
ソウル裏の歩き方 表紙写真

『ソウル裏の歩き方』
著者:皿井タレー 発行:彩図社 四六判256ページ

●内容紹介
政府の統計によれば、2010年に韓国を訪れた日本人はおよそ295万人。近年の韓流ブームの影響で、若い女性を中心に多くの日本人が韓国に旅立っている。 だが、韓国の魅力は韓流スターやK‐POP、韓流コスメだけではない。かの国には、もっとディープな楽しみが存在しているのだ。 本書では、旅行者に人気の首都、ソウルの情報を中心に紹介。 市販のガイドブックが避けて通るディープな観光スポット情報から、ムフフな夜の楽しみ方、真の韓流に触れるローカルな旅、そしてB級グルメ情報を詰め込んだ。一味違う韓国旅行に必携の一冊である。

明洞ミョンドン

●著者について
皿井タレー:1996年末からバンコクを拠点に韓国、香港などアジアを漂流。 著書『バンコクで外こもり!』、『バンコクジャパニーズ列伝』、共著書『バンコク裏の歩き方』、『さわやかタイ読本』、『もっと好きになっちゃったバンコク』、『新 好きになっちゃったカンボジア&ラオス』などあり。 近況や連絡先は<メイドインタイランド>でネット検索を。


韓国アングラ観光スポット

【第1章】韓国フリークに捧ぐディープ・ソウル
観光名所はもう飽きた……そんなムダに好奇心旺盛な旅行者に
お届けする、ディープすぎるコリアに触れる旅。
  ・無邪気に行こう、整形ストリート散策
  ・別な意味でスリリング……恨みと憎しみの拷問博物館
  ・テポドンに囲まれてリアルな戦場を体験せよ!
  ・オンドル紀行-地方の温泉街でまったり 他

【第2章】ソウル・ナイトウォーカーの向こう側
飾り窓にルームサロン、エスコートアガシ、キーセン料亭……
特別法施行後のソウルはどう変わったか。最新事情に迫る。
  ・クレオパトラ登場……釜山ワノルドンの惨劇
  ・マニアが悦ぶ魅惑のSコース置屋
  ・フッカーヒル&ホモヒル@イテウォン  
  ・「所詮あいつら公務員じゃ!」-無毛地帯の秘薬 他

【第3章】ローカルエリアで草の根交流
ローカルスポットを巡り、地元民とどっぷり異文化交流。
幾多の押し合いへし合いを経て、韓国人の気質を思い知る。
  ・スーパーコピーでもみくちゃ韓流ショッピング
  ・いちゃいちゃマッチョの献身
  ・麻浦のHOFでリアルファビョーン!! 他

【第4章】定番からゲテモノまで韓国B級グルメ
「韓国= 焼肉」はもう古い? 「名物」、「元祖」の乱れ打ちに
胃袋はもう破裂寸前。食通もうなる韓国B 級グルメをご紹介。
  ・ソウルのカフェ&レストランチェーン覆面調査
  ・路地裏ブルーカラーグルメ
  ・失神フードと嫌いな韓国料理ランキング 他

【第5章】旅のお役立ち情報
旅の交通手段やレートのよい両替所、オススメの宿情報まで、
すぐに使える旅の情報をご紹介。
  ・格安ホテルのコストパフォーマンス診断
  ・ラブホにしか見えない隠れ健全モーテルを探せ!
  ・長距離バスと路線バスでちんたら行こう 他


ミョンドンの男と女
 

『映画の中の奇妙なニッポン』(彩図社) 皿井垂・著 クールジャパンの真実

 
『映画の中の奇妙なニッポン』(彩図社)
皿井 垂 (さらい たれ) 著


映画の中の奇妙なニッポン-皿井垂
<主な内容>
(Part1) 古き良きメガネ出っ歯の世界
(Part2) 日本人ツーリストの掟
(Part3) 世界一有名な職業……ヤクザ
(Part4) 昔はゲイシャ、今は女子高生?
(Part5) おそるべし、日本企業
(Part6) 切り取られたニッポンの風景
(Part7) キャラ立ちしているニッポン人
(Part8) ニンジャとサムライは永遠に不滅です
(Part9) 大日本帝国バンザイ!
(Part10) ジャパニーズ特撮レジェンド
(Part11) みんなでいじろうニッポン!
(Part12) トホホ和食は無形文化遺産


版元さんの内容紹介ページはこちら click!!


グランブルー

リュック・ベッソンやリドリー・スコットなどの大御所はもちろん、
フィリピンのワタナベケンや香港のゴッドフリー・ホーなど、
知る人ぞ知る地下有名人たちの業の深い作品も登場。


イエロードッグ

全身の力が抜ける意味不明なトホホムービーから
核爆弾レベルの破壊力を持つ救いようのない珍作まで、
数百本の「フール・ジャパン」映画をピックアップ!


ムクゲの花が咲きました

AMAZONの商品説明から

[内容紹介]
日本を訪れる外国人観光客は年間1000万人を突破した。2020年には東京オリンピックも開かれる。いま、日本では“クール・ジャパン"を合言葉に日本文化を海外へ発信する動きがひときわ盛り上がっている。しかし、その一方でいまだに日本に対して色々と間違えたイメージを持つ外国人は多い。とりわけそれが顕著に現れているのが「海外で作られた映画」だろう。 学校の給食に豪華な会席料理を登場させ、勘違い全開のニッポン像をぶちかました「ワイルド・スピード3」(2006年)、 日本軍の大本営に原っぱで開戦会議をさせた「パールハーバー」(2001年)などなど、 比較的最近でもおかしなニッポン像をまき散らす映画は多い。はたして外国から見た日本の本当のイメージはどうなのか? そのイメージはどう移り変わったのか? はたまた変わっていないのか? 古今東西、数百本に及ぶ「日本が登場する外国映画」を検証し、洋画の中の奇妙なニッポン像に迫る!

[著者について]
1996年末からタイのバンコクを拠点に活動。 近著に、昭和のテレビ洋画劇場を振り返った『トラウマ日曜洋画劇場』(彩図社)がある。 『バンコクジャパニーズ列伝』(彩図社)、『バンコクで外こもり! 』(河出書房新社)など、海外での異文化体験にまつわる皿井タレー名義の著書多数。
 

『トラウマ日曜洋画劇場』 皿井垂(著) - 昭和のテレビ洋画劇場に捧ぐ

 
『トラウマ日曜洋画劇場』  皿井 垂 (さらい たれ) 著
 内容詳細はコチラでどうぞ
 CLICK!!


トラウマ日曜洋画劇場(皿井垂)

殺しても死なない『シャーキーズ・マシーン』のヘンリー・シルヴァ、狂躁状態から絶望的な徒労感へ真っ逆さまの『ひとりぼっちの青春』、「こうした事態が重なって起こる確率は10万兆分の1である」という『ダラスの熱い日』のエンディング・ナレーション、クルミみたいに自分の手首を丸かじりする『ときめきに死す』の沢田研二、「今、お前のノドをかき切った」という言葉で目が覚める『ミズーリ・ブレイク』、そして『暗殺者のメロディ』でトロツキーがあげる断末魔の叫び声……。

スローターハウス5 テレビ番組欄

昭和のあの日にテレビで見た”なんだか忘れられない”あの映画、あの場面を、力の限りぶちまけてみました。十代の頃に名画座映画館に通い詰めたお父さんも、70~80年代の映画に興味がある若い映画ファンも、昭和のTVトラウマ映画館へレッツラゴー!

悪魔の追跡 映画


◆トラウマ日曜洋画劇場◆

Amazon内容紹介:
テレビが輝いていた1970年代から80年代…。当時の少年たちをとりこにしたのは、テレビ各局で毎日のように放映される「テレビ洋画劇場」だった。テレビ朝日系列の「日曜洋画劇場」、TBS 系列の「月曜ロードショー」、日本テレビ系列の「水曜ロードショー」、テレビ東京の「木曜洋画劇場」、フジテレビ系列の「ゴールデン洋画劇場」など、各局は競い合うようにして、世界の名作をお茶の間に届けてくれた――だがしかし、ときにはその熱意が暴走し放送コードスレスレの作品が放映されてしまうことも。 強烈な男色シーンにお茶の間が凍りついた『脱出』、変態描写に血の気が引いた『地獄に堕ちた勇者ども』、日米合作の残酷ドキュメンタリーに戦慄した『アメリカン・バイオレンス』、3日前からウキウキで眠れなかった『女囚暴動』などなど、昭和のテレビを彩ったトラウマ級の映画を振り返る!

著者について:
昭和37年生まれ。テレビ洋画劇場にどっぷりの十代を経て、荻昌弘さんと同じ大学に進み、小森のおばちゃまにならって渡米。帰国後、後姿が木村奈保子さんに似た女性と結婚したが、その後、淀川長治さんや水野晴郎さんみたいな人がいっぱいいるタイのバンコクに移住。皿井タレー名義のアジア関係の著書多数。




プロフィール

皿井タレー(皿井垂)

Author:皿井タレー(皿井垂)
2015年の新刊『映画の中の奇妙なニッポン』もよろしく!

1996年末から暮らし始めたタイでの日々は、『バンコクジャパニーズ列伝』『バンコクで外こもり!』などの著書や『バンコク裏の歩き方』『さわやかタイ読本』『もっと好きになっちゃったバンコク』などの共著書で


最新記事

最新コメント

最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR